公園の保存車
Preservation Train in park

クイーンビアン駅近くの児童公園にある保存車。
メルボルンの近郊列車が公園設備として保存されています。

メルボルンのコネックス(現在のメトロ)Hitachiの車体が児童公園の設備として保存されています。


フェンスで守られているものの、落書きの被害を受けています。


フロントガラスやヘッドライトは塗りつぶされています。


あたかも中間化改造された先頭車のようになっています。


ヘッドライトや行先表示機は破壊されてしまった後に金属で補修したようです。


こちらの側面は落書きで窓が全て塗りつぶされています。


反対側もかなり落書きの被害を受けています。


スロープが設置され、車両にバリアフリーで入れるようです。


車内の様子。


座席は撤去されています。
つり革は残っています。


当時の案内も残っているようです。


妻面です。


当時の塗装が僅かに残っています。
この車両はオリジナルカラーのまま公園に搬入、設置されたことがわかります。
車両はメルボルン コネックス Hitachi2005Tです。


施設の利用案内。
この車両がどういう経緯でこの公園に保存されることになったのかは謎です。


---PR---



TOP