ゴールバーン駅
Goulburn Station

ゴールバーン駅はNSWトレインリンク、サザンハイランドラインの駅。
NSWトレインリンクの中距離列車の終点です。

ゴールバーン駅はシドニーセントラル駅から224.9km
1869年5月19日に開業


NSWトレインリンクの予約不要の中距離列車、インターシティーサービス(かつてのシティレール)はゴールバーンが終点となります。
ただしゴールバーンまでの中距離列車はほとんど設定されていません。
さらに時間帯によってはバス代替となっています。
シドニーまで200km以上離れていますが運賃設定が65km以上は8.8$となっているため、 名古屋-神戸に匹敵する距離をおおよそ800円で移動できることになります。
なお、XPT等の優等列車の場合は40.35$です。


ちなみに最長切符はゴールバーン駅からスコーン駅までの513.54km
ICカード利用かつ日曜日の65km以上の運賃はは2.5$と破格です。
(2015年1月現在)


待合室とホームの扉は両開きながら自動扉となっています。
知らずに近づくとタックルを受けることになります。


駅構内は2面3線、その他に側線を有しています。
ホームは跨線橋で結ばれています。


サボ受けと思われます。


跨線橋からみた駅舎


駅構内には多数の機関車が留置されていました。


形式も様々です。


いかにも非公式側の顔といった様相の機関車。
おそらくこの面同士を連結して運用していると思われます。


こちらも同じように、片方向のみ流線型になっている機関車。


オーストラリアは機関車をいくつも連結して運用することが多いため、片側方向に重点を置いた機関車が多いのかもしれません。


静かに構内に鎮座する機関車。


長閑な時間が流れています。。


列車の設定が少ないため、閑散としています。駅自体も町の中心部からはやや離れています。


近くの道路から駅構内を望む。


近くには機関車の車庫、ゴールバーンレールウェイワークショップがあります。


ゴールバーン駅から2kmほどのところに鉄道博物館があります。


ゴールバーンは羊が名産のようで、町には羊の大きなモニュメントがあります。


反対側もよく作りこまれています。


ゴールバーン駅近くにいたカラス。
オーストラリアのカラスの羽の色は白が混じっています。




整ったデザインの素敵な駅舎でした。


---PR---



TOP